ポケモン徹底攻略ロゴ
トップページ::ブラック/ホワイト::ポケモン育成論BW::バンギラスの育成論::これはバンギですか?
このページはガラケー専用に残しているページであり、内容が不完全です。スマホ・PCからのアクセスは、通常ページをご利用ください。
バンギラス - ポケモン育成論BW
これはバンギですか?

2011/02/23 19:54:22

バンギラス

HP:HP 100

攻撃:攻撃 134

防御:防御 110

特攻:特攻 95

特防:特防 100

素早:素早 61

ブックマーク4.634.634.634.634.634.634.634.634.634.63登録:0件評価:4.63(23人)

バンギラス    いわ あく  【 ポケモン図鑑BW 】

とくせい
すなおこし
せいかく
ゆうかん(攻撃↑ 素早↓)
努力値配分(努力値とは?)
HP:244 / 攻撃:172 / 防御:4 / 特攻:52 / 特防:36
覚えさせる技
ストーンエッジ / おいうち / じしん / れいとうビーム
持ち物
たつじんのおび
スポンサーリンク

目的
対人戦
ルール
フラットルール / 見せ合い63
対戦形式
シングルバトル
このポケモンの役割
物理・特殊 / 攻め
ミラクルシューター
なし
登録タグ
  • 登録なし

考察
受験が終わりネットに入り浸っているジュジュですw
受験・・・もしかしたら公立受けることになるけど志望校終わるとやっぱり気が抜けます(ぁ
あとは祈るだけですねw

今回はバンギラスですね
誰もが知っている超メジャー級のポケモン今はカバドリュ・雨の陰に隠れがちですがそのうちまたはやるでしょう
砂嵐込みで特殊は鬼のように固く数値受けをこなします
物理もとても固く「高火力高耐久鈍足」を表したようなポケモンではないでしょうか?

  • 基本事項
HABCDSという略語を使用します。注意してください
基本的に6V前提です
ダメージ計算は存在しないほど振っている方もありますがご了承ください
ダメージ計算はトレーナー天国様をつかっています

では考察に移ります

  • バンギラスの基本知識
所謂600族というポケモンです
そして岩+悪という半減しがたいタイプ、また砂起こしによるDの上昇
これにより数値以上に固くなります 無振りで砂込みで実数値180になりますね
特化110族よりも上という値です
また砂起こしという特性で毎ターン1/16を削っていき素早さの順序もわかります
それにガブリアスの暴走にも役立つという始末
このような恵まれたポケモンをほおっておくわけがありません
このポケモンそしてナットレイをメタるためにPTに一匹は格闘タイプが入っています
4倍弱点を受ければバンギラスのように固くてもどうにもならず一撃で沈みます
ただし特殊の不一致気合い玉程度なら耐えることも多いです
そして相手のガブリアス・ドリュウズの暴走にもつながり諸刃の剣となる砂嵐です
このあたりに手も足も出ないようでは使いずらいです
相手が交代読みをし辛い程度には反撃ができたほうがいいんだと思います
そのような面から大文字・冷凍ビームという技を使っていきます
高いAそしてCも生かしながら両刀という選択をとらせていただきます
二刀流にしたため範囲は通常のものより広くラティも繰り出しダメを考えるとかなりの確率で倒せ
なおかつ鋼・ドラゴンへの牽制ができるんです
火力も最低限は確保してあります
ただし、Sが下がっていることにより同速対決で勝ちにくくなっています
そのあたりを頭に入れてご使用ください
しかしSが遅いので砂状態にしやすいです 一長一短です
採用理由は特殊への後出しそして砂嵐撒きになるかと

  • 性格&努力値
H244 A172 B4 C52 D36 という振り方をします
Dは眼鏡ラティオスの二連流星耐え(1.5耐え)
Cは達人の帯込みで205ガブを確定で209ガブを高乱数1で倒せる値になっています
AとBはあまりです

  • 持ち物
達人の帯
これ込みの調整なのでこれにしないと調整が変わりますね
耐久を下げずに広範囲に役割破壊が可能なのでこれが無難

シュカの実
相手の砂で暴走する輩に強引に一撃をかましたい場合
オススメはしません

悪のジュエル
無傷のラティを強引に倒す場合
これも型がちがいますね

  • 技構成
ストーンエッジ
一貫性があり抜く理由が全く見つからない高威力の技
安定して相手に刺さります 基本技ですね

追い打ち
交代先へのつぶしなどラティにも入るし電気にもそれなりに入ります
半分削れば後出しが難しくなりますからね
つぶし技ですが倒せるほどの火力はハチマキ・ジュエルじゃないとありません
しかし拘りではないので無償降臨してきた相手のエースに積まれるなんてことも防ぐことができます
かなり使い勝手のいい技です
とんぼ返り・ボルトチェンジでもダメが入るのが結構うれしいです
ダメ計は基本的に交代時です

H252 B56サンダー 39.5%〜47.2%
H4ライコウ 56%〜65.6%
H4ラティオス交代なし 66%〜80.1%

大文字
鋼ホイホイ阻止
地震と選択 より多くの鋼に刺したいならこちらがいいです
呼ぶドリュウズ・グロス・ヘラに刺さります
ハッサムやナットレイにもで刺さります
持っていると何かと便利なことが多い技です
交代読みのリスクも拘りより小さいので打ちやすいです

冷凍ビーム
ガブリアスへの役割破壊技
そしてマンダへの遂行技です
ドラゴンが多いので使える場面は多いです

地震
こちらも鋼意識です
大文字と選択 ドリュウズを強く意識する場合はこちらがいいです
確定一になりますからね
しかしヘラクロスを呼んでしまうのは少しネック
ドリュウズを意識したいので確定欄はこちらです


十万ボルト
スイクンなどの水に刺さります
困るのはスイクン<ガブやドリュウズなので入れにくい技ではあります

  • 立ち回り
特殊に出して受けて遂行or交代読みでの技を打ちこみます
格闘タイプの対策をしていないので厚くしておくことを心がけましょう
鋼の対策もしておくといいです
先発で選出するよりかはしっかり読んで慎重に後発のほうが生きやすいとは思います

  • 相性のいい味方
自分が相性がいいと思うのは鋼に対して強気で出すことができ、格闘も半減で
且つ水にも強いということでサンダーです
ちなみに自分の使っているのは
H204 B40 C124 D20 S116@ラムです
S最速70族抜き
ガッサ熱風で確殺
H16n-1調整
珠ギャラの舞アクアテール耐えのサンダーです
相性補完が相互に良くて使いやすいですよ><

  • 終わりに
うん、次は何を書こうか・・・
悩むんでリクエストしてください(爆
ただし育成論内のコメで書くと他者に迷惑なのでポケメでお願いいたします
ん?ラムサンダー?もう書いry(ww
育成論を書く頻度を上げようかと思ってます

ダメ計は少しずーつ追加していきます
とりあえず・・・ドサイが先ですがw

最終更新日時 : 2011/02/23 19:54:22

このポケモンの他の育成論を探す (25件) >>

コメント (7件)

  • ページ:
  • 1
11/02/21 19:30
1タワシ
居座るラティにストーンエッジを打つのはなぜですか?

達人の帯持ちの追い打ちなら交換なしでも一致込みで144と
ストーンエッジとほとんど変わらない威力なのですが
11/02/21 19:39
2ジュジュ
あ、・・・タイプ一致考えてなかったです^^;
修正加えておきます
指摘ありがとうございます><
11/02/21 19:44
3ik
努力値欄のラティ流星2耐えのところ、眼鏡ラティですよね?
11/02/21 19:51
4ジュジュ
分かりにくい書き方してて申し訳ないです
眼鏡ラティですね
申し訳ないです・・・・
加筆しておきます 指摘ありです><
11/02/22 23:34
5momo
大文字なんですが、ドータクンやナットレイ意識も大きいですかね?
ちょっと計算してみると、グロスやドリュには地震のほうがダメージ与えられるみたいです。
特に、ドリュに関しては大文字では確1にできないので、地震のほうが優先度は高そうです。風船意識ならまた変わってきますが…。
ということで一応地震も候補にどうぞと推薦してみます。
評価4を入れておきますね^^
11/02/23 19:46
6ジュジュ
おお^^;自分けたぐりしか使ってなかったので盲点でした・・・
鋼全般に刺さりやすそうということで大文字でしか計算してませんでした
指摘ありです
直書きで軸しか決めてない中での考察はやはり甘いところがありますね
親切でないところも多かったですし
次からはしっかり考えてから出そうと思います^^;
ヘラにもそれなりに刺さりやすかったりするんですよね・・・
一長一短ですがドリュウズを意識しつつがコンセプトなので地震を確定欄にしておきます
提供&好評感謝です><
11/08/03 20:00
7あゅ
2刀バンギラス作りたくて厳選してたらやんちゃHABcS d24という個体が出ました

対ラティを捨て素早さ調整 というのもアリでしょうか?
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。


トップページ | プライバシーポリシー | PC版
更新日:2020年11月28日(土)

© 2002-2021 Yakkun