新連載小説 ポケモンノベル
追更新小説
大人気小説

<< トップページに戻るご利用マニュアル | 表紙作成用BBS(休止中) | 小説の一覧

※ 小説の投稿には、「プレイ!ポケモンポイント!」の登録・ログインが必要です。

dummy

ピックアップ

  • ポケモンノベルでの活動をサポートするサイト「ポケコン」が有志の方々により運営されています。
  • 自己紹介スレッド - 作者様方の自己紹介をまとめて掲載しています。
  • 短編ノベル集 - 1話完結の短編ノベルを投稿できます。

ポケモンノベルは、ポケモンのオリジナル小説を読んだり書いたりすることができるコミュニケーションツールです。


dummy

連載の小説

静夜の星が、光る頃。

コメント : 1  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

コーシュ

[ ストーリー ]

 私は貴方達に会いました。
 同じ人生、同じ死に方を輪廻してきた私も、とうとう望むべき平和を手に入れられました。
 そして、もうこの世界から出たく無いと言う一心で、もうパラレルするのは止めようって決めました。
 
 この世界では、自分をボクと呼び、やんちゃで、陽気で、子供っぽくても、正義感がある。
 今の私と比べると、表と裏のような性格を“演じる”ことにしました。
 
 だけど、ボクはやっぱり不運です。あまりにも不遇です。
 私がいる世界、生きてしまっている世界は、やっぱり正しく起動しないようです。
 



 ────私が、生きてる価値など、皆無?



 そうですね。貴方達と出会ったのは。
 ───静夜の星が、光る頃でした。
〜・〜・〜・〜・〜
全く新しい小説に見えますが、お伽噺と同じストーリーとなります。
妹に、本文を消されてしまいましたので、現在執筆中です。
今回も、超がつくほど駄文&亀更新です。
それでは、小説の世界へ、レッツゴーです。

6/22 小説開始
6/23 あらすじ&題名変更(本編小説消える)


長編小説

コメント : 0  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

斜め29度

[ ストーリー ]

???執筆


扉-entree-

コメント : 0  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

星月夜

[ ストーリー ]

あの子の気持ちは
全て、扉の向こうへ消え去ったのだ

加更新された小説

DREAM〜夢〜

コメント : 16  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

あさゆり

[ ストーリー ]

 

夢は、夢を超えて、夢になる


 
 



このお話は、どこにでもいそうなイーブイ三姉妹の、長くも短い冒険の物語







 * * *

 完結状態にした「DREAM〜夢〜」の改訂版です。更新は亀さんに劣りますが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです^^*

〜おしらせ〜
*可愛らしい表紙は夕暮本舗さまよりいただいています!ゆーちゃん、ありがとう!

〜更新履歴〜
2017/06/26
「*Episode.3」を更新しました。また、本著の進行方法を変更致しました
「はじめに」を改訂いたしました。今一度ご確認をよろしくお願いします
「◇Chapter1 ―はじまりの朝―」に新コーナーを設けました


FERMATA

コメント : 0  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

オンドゥル大使

[ ストーリー ]


 理想と真実を追い求めた彼は理想と真実の果てに裏切られた。

 全てから「サヨナラ」を告げたあの日から、Nの目的はただ目についた悪を葬る事のみ。しかし、もし、その過ちをやり直せるのならば。戻る事の出来ぬ時の輪廻に、決着をつけられるのならば――。

 Nがセレビィによる時渡りの末、辿り着いたのはプラズマ団蜂起直前のイッシュであった。

 プラズマ団は変わらず愚かであり、それを先導する己はもっと愚かであった。

 しかしNは神の寵愛の証である全ての能力を失ってしまう。トモダチと話す能力も、卓越したトレーナー技術も何もかも……。

 Nは自らを「ノア」と名前を変え、やり直そうと決意する。方舟の導き手は、パラドックスの中に己を殺す事のみを生き甲斐と決意した。

 これは停滞の物語。

「――抹殺対象、それは過去のボク」

※前三部作、後期四部作との繋がりはありません。


己を知る者のために生きる

コメント : 10  |  評価 : 4.44.44.44.44.44.44.44.44.44.4

[ 著編者 ]

ポリゴ糖

[ ストーリー ]

 神と呼ばれしポケモンの眠るシンオウに、未曽有の危機が迫る。

 驕れるものの欲望。切っても切れぬ因縁。闇より深い陰謀。
 対立する正義と悪。消えざる罪と拭えぬ罰。
 全てが混ざり合い、狂乱と混沌の災厄を巻き起こす。

「首を突っ込んだのはこっちのほうだからな。ここで引くのは筋が違うだろ?」
=生かすも殺すも俺次第、か。=
=おいらは負けへん。負けられへんのや!=

 渦中の彼らは、何を思うのか。
 消された記憶は、何を映すのか。
 隠された謎は、何を語るのか。


=少年よ。そして己を知る者のために生きる者たちよ。
 ――この苦難、死なずに乗り越えてみせよ!=

 冒険が、始まる。


 さあ、始めましょうか。数奇な物語を。

 僭越ながら、わたくしポリゴ糖が語り部を務めさせていただきます。


 ※流血表現・残酷描写・生物の死についてなど、読み手を選んでしまうような要素を含んでいます。
 あらかじめご注意の上、無理だと思われましたらすぐに戻るボタンをクリックしていただきますようお願い申し上げます。

人気の小説

黒竜落涙譚

コメント : 0  |  評価 : 4.44.44.44.44.44.44.44.44.44.4

[ 著編者 ]

オンドゥル大使

[ ストーリー ]

 ポケモンの伝奇短編集などを。

 表題作『黒竜落涙譚』

 ホウエンの地で語り継がれる「稲光の徒」の物語。雷撃獣を駆った少女の刹那の伝説。

『神速の旗』

「紅玉の一族」に伝わる成人の儀。神速の獣を捕らえるために命を賭す若者達の物語。2013年、ポケノベ文合せ投稿作品。

『樹王』

 この地では新緑のことを「蒼」と呼ぶ。研究者の助手である“彼”はタウンマップから消える窪地へとフィールドワークを行い、そこである老人と出会う。老人の語る五十年前の蒼い樹とは?

『炎魔襲来』

 ジョウトの地で巻き起こる変死事件。「炎魔」と名づけられた犯人は捕まえられることなく、事件は迷宮入りと思われた。ある日、宮仕えのカムイはシャクエンと名乗る少女と出会う。無害に思えたその少女の正体は……。

『雑音異聞』

 カントーのラジオに不穏なノイズが混ざり始める。シオンタウンラジオ塔局長イイジマはある日、訪れた男に依頼する。その男は「エシ」と名乗る奇妙な男で……。


当たり前の事が幸せだという事を何時までも忘れちゃいけないよ*亀更新

コメント : 190  |  評価 : 4.384.384.384.384.384.384.384.384.384.38

[ ストーリー ]

もう1つの小説に力を入れるので、亀更新気味になります…!><;
申し訳御座いません><;





…え?ええええエエエエええ絵絵絵絵!!??((煩い
ひょ、評価ついて…る?嘘でしょ…!
物凄く嬉しいです!!夢かと思いました…!!
ありがとうございます!!

コメ100突破です!
ですが、記念の100コメ目が自分のコメとなってしまいました…(^ρ^)
馬鹿な私です。




******************

あらすじ書き直します!ちょっと待っててね!←


.

コメント : 12  |  評価 : 4.714.714.714.714.714.714.714.714.714.71

[ 著編者 ]

[ ストーリー ]

 一話完結の短編小説集です。

『ミミッキュのミミッキュ』 - 16/07/27
 新作に登場するポケモンの話。
 かわいいですよね。

『ひんやり事故』 - 16/07/20
 夏ですね。
 暑さ対策はできていますか。

結した小説

ポケモン不思議のダンジョン  未来への帰還

コメント : 36  |  評価 : 3.863.863.863.863.863.863.863.863.863.86

[ 著編者 ]

窮爽

[ ストーリー ]

私、すみれは記憶と共に帰った。
自分の故郷、未来へ―




「本当によろしいんですね?」
「えぇ」
「すみれ!」
「また、いつかどこかで・・・・・」
「さようなら・・・・」



-------------------------------------
さぁ、改めて風鈴です!これが初めての投稿になりますがよろしくお願いします!応援よろしくお願いします。


ポケモンプレイヤー

コメント : 2  |  評価 : 集計中

[ ストーリー ]

ポケモンゲーム内の、ポケモンを預けられるパソコンって、ありますよね。
そのパソコン内だけでできることって何でしょうか?はい今読んでいるそこのあなた様!
お考え下さいっ。



……答えは、「にがす」です。

にがす と すてる って、紙一重だと思いませんか?

ポケモン大好きな女の子を、ゲームが諭す感じのおはなし。

四話完結予定です。


グラシデアの花園

コメント : 8  |  評価 : 集計中

[ 著編者 ]

あんず + 全てのライター

[ ストーリー ]

リーフィアは、ハクタイの森で、もりのようかんを調べようとしていた。
その時、上からシェイミというポケモンが落ちてきた。シェイミは、グラシデアを探す旅をしていたらしい。
「手伝ってくれる?」
シェイミは、泣きながら言った。
主人公リーフィアは、シェイミと、グラシデアの花園を目指す旅をすることにした。


すいません。
ダイパを売ってしまって街の名前とか、その他もろもろ忘れてしまいました……。
ですので、この小説はここで打ち切りとさせて頂きます。
今まで投稿して下さった方々、読者様、本当にありがとうございました。


小説の一覧はこちら