ポケモン徹底攻略ロゴ
トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::ルガルガン(たそがれ)の育成論::【リザードン絶対殺すマン】タスキルガルガン
このページはガラケー専用に残しているページであり、内容が不完全です。スマホ・PCからのアクセスは、通常ページをご利用ください。
ルガルガン(たそがれ)- ポケモン育成論サンムーン
【リザードン絶対殺すマン】タスキルガルガン

2020/02/11 01:20

ルガルガン(たそがれ)

HP:HP 75

攻撃:攻撃 117

防御:防御 65

特攻:特攻 55

特防:特防 65

素早:素早 110

ツイート3.673.673.673.673.673.673.673.673.673.67閲覧:4785登録:1件評価:3.67(3人)

ルガルガン(たそがれ)  いわ  【 ポケモン図鑑 】

性格
ようき(素早↑ 特攻↓)
特性
かたいツメ
努力値配分(努力値とは?)
HP:78 / 攻撃:252 / 素早:180
実数値:160-169-85-x-85-168 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
アクセルロック / カウンター / ドリルライナー / ステルスロック
持ち物
きあいのタスキ
スポンサーリンク

このポケモンの役割
物理 / 攻め
ルール
シングルバトル
登録タグ
考察
ご挨拶
初めての育成論投稿になります、higageと申します。
初めてということもあり、他の方の育成論の書き方を参考にさせていただいている所もありますが、何卒ご理解の程よろしくお願いします。


はじめに

  • 種族値、個体値、努力値、V、HABCDS等の専門用語を使用します。
対戦をやる上での基礎知識なので、知らない方は調べておくことをお勧めします。

  • 今回、ルガルガン(たそがれのすがた)(以降「黄昏ルガルガン」)の育成論を投稿しようと思った理由は、黄昏ルガルガンの育成論が2020年2月10日現在一つしかないということ、環境トップのリザードンやバシャーモに強いこと、そしてです。


他の姿との差別化点

黄昏ルガルガンは、まひるのすがたやまよなかのすがたとの差別化点として3つの違いがあります。


  • 特性の違い 真昼の姿ルガルガン(まひる)ルガルガン(まひる)が「するどいめ」「すなかき」「ふくつのこころ」、真夜中の姿ルガルガン(まよなか)ルガルガン(まよなか)が「するどいめ」「やるき」「ノーガード」といった特性を持つ中、黄昏の姿ルガルガン(たそがれ)ルガルガン(たそがれ)だけが「かたいツメ」を使えます。このかたいツメは、『直接攻撃する技の威力が1.3倍になる』というものです。



採用理由

タイトルにあるように、リザードンリザードンリザードンを倒すためです。「はじめに」にも記述があるように、メガバシャーモメガバシャーモメガバシャーモ対策にもなります。
また、タスキを持たせることで確実にステルスロックを撒けるのも強みです。
そして、愛です。耐性も優秀とは言い難く、メガバシャーモメガバシャーモメガバシャーモに対しても、「まもる」を使われたら倒せなくなってしまいます。そのため、採用理由は「愛」とさせていただきます。


構成

  • 性格
 ようき(素早さ↑特攻↓)
 これでなければ最速メガバシャーモメガバシャーモメガバシャーモを抜けません。

  • 努力値
 HP 78 攻撃 252 素早さ 180

  • 個体値
 特攻以外全て31(特殊技を使わないため特攻は非考慮)

  • 持ち物
 きあいのタスキ
 確定二発のメガリザードンXメガリザードンXメガリザードンXや乱数一発のメガバシャーモメガバシャーモメガバシャーモを倒すため。また、相手を見てカウンターを仕掛けたり、ステルスロックを撒くためにこれ。

  • わざ
 アクセルロック/カウンター/ドリルライナー/ステルスロック
 カウンターを使う機会が少ないと感じたら、アイアンヘッドやストーンエッジに変えてもいい。


解説

  • ダメージ計算
アクセルロック(タイプ一致で1.5倍、かたいツメで1.5倍、さらに弱点)でH4のメガリザードンXメガリザードンXメガリザードンX(2倍弱点)を確定2発、YメガリザードンYメガリザードンY(4倍弱点)を確定一発
無加速H4メガバシャーモメガバシャーモメガバシャーモを抜いてドリルライナーで乱数一発(ダメージ割合85.8%〜101.2%、乱数12.5%)、耐えられて加速されても、タスキで耐えて、先制技のアクセルロックで確実に倒せます。これはルガルガンがあまり使われていないからこそできることでもあります。

  • 動き方
 上記の通り、リザードンリザードンリザードンにはアクセルロック。メガバシャーモメガバシャーモメガバシャーモにはドリルライナー。倒せなかった時の交代読みにステルスロック。それ以外の物理アタッカーに対してはカウンター。といった動き方になります。


おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございました。
拙い文章だらけかと思いますが、もし間違っている事があればコメントで教えていただけると幸いです…
サンムーンのレートももう少しで終了ですが、この育成論を見て、「ルガルガンを活躍させてみたい!」と思ってくださる方が一人でもいらっしゃれば、とても嬉しいです。
ソード・シールドにも登場予定なので、解禁されたらまた新しい育成論を考えようと思います。
二度目になりますが、ここまで読んでいただいて本当にありがとうございました。
コメント (0件)
コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。


トップページ | プライバシーポリシー | PC版
更新日:2020年10月22日(木)

© 2002-2020 Yakkun