ポケモン徹底攻略ロゴ
トップページ::ブラック/ホワイト::ポケモン育成論BW::ハッサムの育成論::しぜんのめぐみはっさむ
このページはガラケー専用に残しているページであり、内容が不完全です。スマホ・PCからのアクセスは、通常ページをご利用ください。
ハッサム - ポケモン育成論BW
しぜんのめぐみはっさむ

2012/09/09 10:12:10

ハッサム

HP:HP 70

攻撃:攻撃 130

防御:防御 100

特攻:特攻 55

特防:特防 80

素早:素早 65

ブックマーク3.573.573.573.573.573.573.573.573.573.57登録:0件評価:3.57(58人)

ハッサム    むし はがね  【 ポケモン図鑑BW 】

とくせい
テクニシャン
せいかく
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
努力値配分(努力値とは?)
HP:236 / 攻撃:156 / 防御:20 / 特防:60 / 素早:36
覚えさせる技
バレットパンチ / とんぼがえり / しぜんのめぐみ / つるぎのまい
持ち物
オッカのみ
スポンサーリンク

目的
対人戦
ルール
フラットルール / 見せ合い63
対戦形式
シングルバトル
このポケモンの役割
物理
ミラクルシューター
なし
登録タグ

考察
ぬかみそ です。
これはハッサムの育成論です。

評価の際にはコメントを戴けると非常にうれしいです。今後のためにも、ご協力お願い致します。

★努力値は、個体値が理想値であることを前提に設定しています。ケースに応じて調整してください。
★ルールは見せ合い6→3を想定しています。
★この育成論ではHP攻撃防御特攻特防素早さをそれぞれHABCDSと表記しております。
 
 

  • ハッサム概要
タイプ耐性から相手のラティオスやユキノオーに強いです。
ただ、普段は有効打がないだけで、ハッサムやナットレイへの繰り出し性能にも優れます。

また特性:テクニシャンにより、半減実を用いた自然の恵みの威力を90にすることが出来ます。
ちなみに、自然の恵みは4世代限定技なので、育成には気をつけましょう。

今回はこの2点に着目した型の紹介です。 
 

 
  • この型のハッサムについて

 
相手のラティハッサムに勝つことを第一としています。

最低限の耐久調整と火力調整を施し、ハッサムの持ち味を最大限に活かします。
相手のラティハッサムやナットレイに強いため、特に雨パへの採用がお勧めです。
 



  • 性格、努力値、持ち物

★性格:意地っ張り 
実数値:175-187-123-*-108-90
努力値:236-156-20-0-60-36
持ち物:オッカの実

技構成:バレットパンチ とんぼ返り 自然の恵み(炎物理:威力60) 剣の舞
 
  

@火力 
・155-101ラティオスをとんぼ返りで75%で1発
・181-162ナットレイをA2段階上昇自然の恵みでB1段階上昇込みで確定1発
・175-137ハッサムをA2段階上昇自然の恵みでオッカの実込みで確定1発


@耐久
・A181テラキオンの鉢巻インファイトを最高乱数切り耐え
・C182ラティオスの眼鏡流星群2連耐え
・C181ラティオスの眼鏡めざ炎をオッカの実込みで確定耐え


@素早さ
4振りS70族抜かれ
Sに割いていないバンギラスやハッサム抜き
 
 


★解説 
 
まず耐久。
こちらはラティオスを意識した最低限のものとなっています。

オフで偶にいる控え目眼鏡ラティオスには対応できません。
物理耐久は私の構築でテラキオンが重かったため、このラインにしました。

火力はラティオスをとんぼ返りで倒せるように可能な限り上げました。


・A176でH177-B137ハッサム(A182ガブリアスの地震2耐え)を自然の恵みで確定1発

なので、火力と物理耐久を削って特殊耐久を向上させ、あらゆるラティオスの攻撃を耐えるようにしてもいいかもしれません。


Sは
・メタグロスに後攻とんぼ返りする
・よくある鉢巻ハッサムに先制する
を両立出来ていそうなギリギリのラインに設定。
 

攻撃を耐えてとんぼ返りも可能であり、積んで全抜きも狙え、さらにタイプ的な役割対象を葬ることもできます。
1回の行動で大きなアドバンテージを狙うハッサムらしい型になったと言えるのではないでしょうか。
 
   



・確定技

バレットパンチ
タイプ一致でテクニシャン補正を受ける先制技。
採用しない理由がありません。


とんぼ返り
こちらは対面からアドバンテージを得られる技。
半減実とのシナジーに優れ、ラティオスやユキノオーとの対面で最大限の効果を発揮します。


自然の恵み(炎物理:威力60)
テクニシャンで威力90の炎技となります。
ハッサムは相手の草・虫・鋼タイプに繰り出しやすいため、それらのポケモンへの有効打として。

半減実は発動しなければ意味がありませんが、ハッサムは攻撃手段としても利用できるため、最も半減実をうまく扱えるポケモンです。


剣の舞
ナットレイやハッサムを起点に舞います。
そもそも、雨下や半減実を考慮すると必須です。
 

  

  • 相性の良い組み合わせ・パーティ構成例
 
★ボーマンダ
このハッサムと同様、相手のラティハッサムに強いポケモン。
竜+鋼の組み合わせでもあり、非常に汎用性が高く使いやすい組み合わせです。

 
 
★ニョロトノ+雨エース
このハッサムが雨パの苦手とするラティハッサム、ナットレイに対して強いため、雨パの持ち味である制圧力を活かしやすくなります。



★ハッサム+ニョロトノ+ガマゲロゲ+ボーマンダ+テラキオン+エルフーン
私が使用していたパーティです。
雨パにテラキマンダハッサムを突っ込んだ形になっています。


 
★それでは長々とお付き合い頂きありがとうございました。
★ご意見、ご感想はコメントまでよろしくお願いいたします。

最終更新日時 : 2012/09/09 10:12:10

このポケモンの他の育成論を探す (23件) >>

コメント (32件)

12/09/09 10:27
13ぬかみそ
>>1
ありがとうございます
使用感としては、選出が非常に楽だったというのがあります

相手のナットレイハッサムに対して一応と言う形で奇襲手段を持つと同時に、本来初手対面で有利を取りたいラティオスに対しての保険的な意味合いにもなるからです
こちらの対ハッサム要員がスカーフボーマンダであったため、どちらかがどちらかを倒せば良いという選出が基本でした

>>3
こちらのPCで改行が反映されたりされなかったりしていたのですが、本日別PCから修正いたしました

>>4
育成論で一番大切なのは”その型が何の目的で考案されどのように扱うのか伝えること”だと思います
冗長な計算結果を載せることで、本来の考案元となった最重要部分が埋もれてしまう可能性があるため、今回は最低限に留めておきました

ご自分で計算ツールを使っていただければ1,2分で欲しいデータは得られますしね

>>12
この型でメタグロスを倒せるようにする必要はありません
メタグロスには後攻とんぼ返りでアドバンテージを取りに行きます

そもそも鉢巻やめざ炎まで考慮すると、メタグロスに対して積むということ自体が不安定です
あくまでも、自然の恵みは”炎が4倍弱点である鋼”を奇襲的に処理する技に過ぎません

アクロバットも同様に、まったく必要のない技です
12/09/09 10:34
14zero
>12
そもそもこの型は本来の耐久型ハッサムにオッカが腐らないように自然の恵みを加えハッサムなどの有効打の無い相手を突破したりと柔軟性のある型だと思うので、A252は努力値の都合上きついと思います

>0
非常に面白い型ですね耐久も必要最低限の物はあるのであらゆる場面で活躍出来ると思います。
ブクマと評価5はとっくにいれてました〜
12/09/09 10:51
15レズ好きゲイネズミ
そうじゃなくてジュエルアクロバットの被ダメを書いてください。
12/09/09 11:04
16Swamprom
>15
はじめに被ダメと書かなかったあなたのミスでは?
というかアクロハッサムの個体数を考えると必要ないかと。
どうしても欲しいなら自分で計算すればいい話ですし。

>0
使ってみたかったけど調整先が決まらなかったところなので、参考にさせていただきます。
評価は5入れますね。
12/09/09 12:31
17www
どうやってハッサムとの対面作るか教えてもらいたいですね
それと、雨パ想定にしてますが雨状態ではナットレイは突破できないのでは?
天候に左右されない馬鹿力の方がまだ現実的かと
さらに言うと、耐久ハッサムなのに羽休めを覚えていないという
正直あらゆる面で中途半端過ぎて実用性に欠けると思います
12/09/09 21:11
18鋼好き
>13
コメ返お疲れ様です。
そうでしたか、、、確かに言われてみれば育成論はそうゆうものですね。
愚コメ失礼しました。
>0
改めてとても良い育成論だといわせてもらいます。
12/09/10 22:09
194wings
>17
雨対面時も想定したために剣舞搭載、ということになっているのではないかと思われます。
このハッサムは耐久ハッサムに分類されるのでしょうか?今回は雨想定で最低限の遂行を維持するため+相性的に有利な相手を恵みで処理、と投稿主様もおっしゃっていますし、そのためのラインと技構成になっているはずです。
12/09/10 23:36
20www
>19
ハッサム Lv.50 → ナットレイ Lv.50
ダメージ: 124~148
割合: 68.5%~81.7%
回数: 確定2発
急所ダメージ: 624~736
割合: 344.7%~406.6%
補正: [天候-]

技: しぜんのめぐみ
威力: 90 [テク] タイプ: ほのお/物理
攻撃: 748+ [ラ] 防御: 405 [ラ]
最大HP: 181
天候: おおあめ 相性: ×4

雨時にナットのステロ読みで出して鈍いと剣の舞を積み合ったらこうなります
ついでに全く同じ努力値で恵みを馬鹿力にするだけで突破可能です
となるとハッサムピンポに等しいですよね
そのハッサムも対面が想定されうる場面は少なく、悠長に剣舞してる間に蜻蛉されてしまいます

ラティの流星1,5耐えの時点で十分耐久ハッサムです
12/09/12 01:16
21ぬかみそ
>>18
おっしゃる通りです
耐久型、という区別の仕方自体疑問が残りますよね

そう呼べるのは精々ゴツゴツメットを持って羽休めで粘る型くらいだと思います

>>17,19
大前提として、炎4倍弱点の処理がメインではないことを述べておきます
あくまでもメインはアドバンテージを確保することです

そのうえで、「耐久型」という分類は不適切です

そもそも、ハッサムが羽休めで粘ることのメリットはなんでしょうか?
この型が羽休めを持っていないことからどのような動きになると思われましたか?

次に、個別のポケモン対策について

ハッサムに対しては主に偶発対面を想定しています
もちろん、バレットパンチが飛んできそうな場面で後出しすることはありますが、基本的には初手での対面を強く意識した配分です

私の構築では、相手のハッサムを消耗させるor倒すことで、こちらのボーマンダが止まらなくなることなどを狙っています

また、ナットレイですが、雨パのエースの攻撃や竜技を受けた後に起点とすることが主な狙いになります
種族値の都合上かなりギリギリの配分ですので、この程度に妥協しました

雨下を一応想定しているのは、ニョロトノのピン選出が十分に有り得る構築で使っていたためです
ナットレイハッサムの対策となるポケモンや立ち回りは、まったく別の形で、寧ろそちらの方が主軸であることが当然のものとして持つべきですよ

育成論でも述べましたが、このハッサムにできることは”奇襲”です
タイプ的にその奇襲が成功しやすいということが、今回この型を考案するに至ったスタート地点というだけです
12/09/13 19:51
22
あれっ
しぜんのめぐみって5世代で覚えれましたっけ?
12/09/13 19:53
23えうれか
(育成論の投稿者によって削除されました)
12/09/13 20:05
24
じゃあ5世代じゃ作れなくないですか?
12/09/13 20:13
25プフ
(育成論の投稿者によって削除されました)
12/09/14 22:21
26
ここ5世代の育成論ですよ
12/09/14 22:36
27>26
(育成論の投稿者によって削除されました)
12/09/15 01:53
28え?
(育成論の投稿者によって削除されました)
12/09/15 02:23
29
全ては無理ですよね?
GBからどうやってつれてくるんですか
12/09/15 03:03
30
ダイヤモンドとかパールやったことないのか?
そのGBはゲームボーイ()の事を言ってるんですかそうですか
12/09/15 05:41
33名無し
(育成論の投稿者によって削除されました)
12/09/15 19:30
35
(育成論の投稿者によって削除されました)

削除キー:


コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。


トップページ | プライバシーポリシー | PC版
更新日:2020年11月28日(土)

© 2002-2022 Yakkun