ポケモン徹底攻略ロゴ
トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::ゴリランダーの育成論::対ゴリラ用ゴリラ型決戦兵器【グラスシードゴリランダー】
このページはガラケー専用に残しているページであり、内容が不完全です。スマホ・PCからのアクセスは、通常ページをご利用ください。
ゴリランダー- ポケモン育成論ソードシールド
対ゴリラ用ゴリラ型決戦兵器【グラスシードゴリランダー】

2020/07/26 19:46 / 更新:2020/07/31 23:18

ゴリランダー

HP:HP 100

攻撃:攻撃 125

防御:防御 90

特攻:特攻 60

特防:特防 70

素早:素早 85

ツイート4.894.894.894.894.894.894.894.894.894.89閲覧:48348登録:75件評価:4.89(18人)

ゴリランダー  くさ  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
グラスメイカー
努力値配分(努力値とは?)
HP:92 / 攻撃:228 / 防御:12 / 特防:4 / 素早:172
実数値:187-191-112-72-91-127 / 個体値:31-31-31-31-31-31
覚えさせる技
グラススライダー / アクロバット / 10まんばりき / つるぎのまい
持ち物
グラスシード
スポンサーリンク

考察
前書き
「わに」と申します。よろしくお願いします。
以下の内容に必ず目を通してください。

  • 指定のない限りすべてのポケモンは理想個体を想定します
  • HP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さをH、A、B、C、D、Sの略称で表記します
  • その他範囲の略称を用います
  • ダメージ率はダメージ計算式をもとに計算しています
  • ご質問、ご指摘はコメントにて受け付けます
  • 育成論に関係のないコメント、無益だと判断したコメントは予告なく削除します

それでは考察に移ります。


論概要
グラスシードを持たせたゴリランダーゴリランダーです。
グラスシードのB上昇とグラスフィールドの回復効果によって、物理アタッカーに対する居座り性能、対面性能を高め、剣の舞の起点にして全抜きを狙うことが本論のコンセプトとなります。また、ゴリランダーゴリランダーゴリランダーゴリランダーミラーに強い点も大きな長所です。
グラスシード型の育成論はすでに投稿されていますが、調整・コンセプトが異なるため今回はフォークはせず投稿させていただきます。



ここが強いよゴリランダーゴリランダー
基本性能のお話です。

  • グラスメイカー+グラススライダー
鎧の孤島で解禁された特性:グラスメイカーと新規習得したグラススライダーの相性が抜群で、グラスフィールド(以下GF)を展開している間は威力136(タイプ一致&フィールド補正)という破格の先制技をA125という高い数値から繰り出すことができます。
並みのアタッカーを余裕の2発で沈める火力が優先度+1で飛んでくるのですから、恐ろしい限りですね。

  • 解禁されたキョダイマックス(以下巨DM)
これも鎧の孤島で解禁された新要素ですが、巨DM中は草技が全て威力160のキョダイコランダとなり、さらに特性無視の効果が付与されます。しかも草技なのでGFの補正も当然乗り、タイプ一致補正と合わせて威力312という超脳筋仕様。(意味ワカランダ)
また、「全ての草技」という点も大きなポイントで、グラススライダーが通常時は先制技、巨DM時は超高火力となるため、一つの技スペースで状況に応じた戦術を用いることができます。

  • 剣の舞による崩しとスイープ性能
ここまでですでにおかしな火力を有していることがお分かりいただけたかと思いますが、それに加えて剣の舞まで習得するため、崩し性能、終盤のスイープ性能が非常に高いことが特徴です。一度積むことができればA+2キョダイコランダでHB特化輝石ポリゴン2ポリゴン2までも一撃で粉砕することができるなど、安易な数値受けを成立させません。
(まさか、通りの悪い草技でここまでの仕事をこなせるポケモンが登場するとは…)

この高い崩し性能、スイープ性能を存分に生かしていきたいところです。



差別化・採用理由
草単タイプでありながら、ここまで高い崩し性能、スイープ性能を有したポケモンは過去にもほとんど存在せず(近い性能を有していたのはカプ・ブルルカプ・ブルルジャローダジャローダくらい)、現環境においてもゴリランダーゴリランダーに比肩する性能の草単ポケモンはいないので差別化は不要と判断しました。

「高い崩し性能とスイープ性能」「宿り木の種、粉技の一貫切り」「水・地・草耐性」「対雨・砂パ性能」「構築全体への地震耐性、および回復ソースの付与」が主な採用理由となります。

主な仮想敵はニョロトノニョロトノキングドラキングドラカジリガメカジリガメガマゲロゲガマゲロゲヌオーヌオートリトドントリトドンウォッシュロトムウォッシュロトム連撃ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)マリルリマリルリカバルドンカバルドンドリュウズドリュウズドサイドンドサイドンバンギラスバンギラスルガルガン(まひる)ルガルガン(まひる)ルガルガン(たそがれ)ルガルガン(たそがれ)ゴリランダーゴリランダー鉄壁の無いナットレイナットレイエルフーンエルフーンパッチラゴンパッチラゴンジバコイルジバコイルミミッキュミミッキュ等になります。



型解説
ここから今回の型を詳しく解説していきます。

  • 持ち物
グラスシード
  • 特性
グラスメイカー
  • 性格
意地
  • 個体値
C抜け5V想定
  • 努力値
H92/A228/B12/D4/S172
  • 実数値
H187/A191/B112/C-/D91/S127


  • 持ち物について
コンセプトとなるグラスシードで確定です。
グラスシードはGFが展開されているときに場に出ると即時に消費してBランクが一段階上がる持ち物ですが、場に出ると同時にGFを展開できるゴリランダーゴリランダーとの相性が良いことは言うまでもなく、もともとの高水準なHB種族値と相まって物理アタッカーに対する居座り性能、対面性能が飛躍的に向上します。
これによって剣の舞を積む余裕を自ら生み出し、崩し・スイープ性能にさらに拍車を掛けることができます。これがグラスシード最大の利点であり、採用理由となります。
また、この持ち物の真価が発揮されるのがゴリランダーゴリランダーゴリランダーゴリランダーミラーです。道具を即時消費するため、厄介な叩き落すのダメージを抑えることができ、かつこちらはBが一段階上昇した状態で対面できるのでダメージレースを優位に運ぶことができます。採用率の高い同種との対面を制することは大きなアドバンテージとなるでしょう。

  • 特性について
採用理由、持ち物とのシナジーからグラスメイカー以外あり得ません。

  • 性格および調整意図
B+1でA177ギャラドスギャラドスのダイジェット(130)耐え
B+1でA194拘り鉢巻ゴリランダーゴリランダーのウッドハンマー2耐え
C172ウォッシュロトムウォッシュロトムのハイドロポンプをGF回復込み3耐え
A+2キョダイコランダでH191B156輝石ポリゴン2ポリゴン2確1
最速バンギラス+3
S+1で最速インテレオンインテレオン+1

性格はAに上昇補正、必要のないCに下降補正がかかる意地っ張りで確定。アタッカーとして十全な火力を確保するためにも必須です。
今回は剣の舞からの展開を想定しているため、A特化は過剰であると判断し、少し削ってHB特化ポリゴン2ポリゴン2を巨DM時に吹き飛ばせる火力に設定しました。
次にダイジェットを積んだ際に必要な最低限のSラインを確保し、最後に残った努力値を全て耐久に回したところ、偶然にも役割遂行に十分な耐久を確保できました。

【耐久指標】
注釈がない限り全てB+1状態かつ通常時のものです
物理耐久指数:20944(B+1:31416相当)
A177ギャラドスギャラドスのダイジェット(130):84.1〜99.4%
A184命の珠エースバーンエースバーンのキョダイカキュウ:140.2〜165.0%
A194拘り鉢巻ゴリランダーゴリランダーのGFウッドハンマー:41.2〜48.6%
A211拘り鉢巻ドサイドンドサイドンの岩石砲:86.2〜101.5%
A194命の珠グソクムシャグソクムシャの出会い頭:83.5〜98.4%

特殊耐久指数:17017
C161命の珠キングドラキングドラの雨下ダイストリーム(140):72.4〜85.7%
C152命の珠ドラパルトドラパルトのダイバーン(140):122.7〜144.9%
C172ウォッシュロトムウォッシュロトムのハイドロポンプ:31.2〜37.0%
C200アナライズジバコイルジバコイルのラスターカノン:68.7〜81.4%
C141エルフーンエルフーンのムーンフォース:44.9〜52.9%

グラスシードの補正も相まって物理方面はかなりの硬さを誇り、巨DMすればA特化命の珠エースバーンエースバーンのキョダイカキュウですら余力を残して耐えてしまいます。
反面、特殊耐久はギリギリ及第点といった感じですね。
ここに記載していないものは恐れ入りますが各自計算をお願いします。



技構成
  • 確定技
グラススライダー
通常時は先制技、巨DM時は超火力技として扱えるメインウエポン。
ゴリランダーゴリランダーの性能を大きく引き上げている技の一つなので確定です。

アクロバット
グラスシードと相性が良く、常に威力110命中100の安定した飛行技として機能し、相手のゴリランダーゴリランダーエルフーンエルフーンに対する遂行技となります。
ダイジェットの素にもなるため確定とします。(DMしても威力が変わらないのは詐欺)

剣の舞
今回のコンセプトの一つなので確定です。
グラスシードのおかげで積める対面が非常に多く、一度積めば全抜きも夢ではありません。

  • 選択技
10万馬力
草技、飛行技との範囲補完が優秀で、GFの影響も受けないサブウエポン。
ドラミドロドラミドロウインディウインディなどの苦手な相手にもよく刺さり、ダイアースの追加効果も非常に優秀です。ちなみにグラスシード、剣の舞、アクロバット(ダイジェット)と合わせることでABDS全ての能力値を上昇させることができます。

叩き落す
一貫性の鬼。どんな相手に対しても何かしら爪痕を残すことができます。
苦手なドラパルトドラパルト等に対する打点になりますが、ダイアークとして使う機会があまりなく、追加効果も生かせない点が残念。


この他、ドラムアタック、ウッドハンマー、ドレインパンチ、挑発等他にも優秀な技が揃っていますが、論が煩雑になることを防ぐため、他の技については言及を控えます。何か質問等あればコメントにて受け付けますのでご了承ください。

【火力指標】
全て非DM時の相手を記載しています。
  • キョダイコランダ(GF補正)
H171B99ギャラドスギャラドス(威嚇込み):88.3〜104.0%
H215B187カバルドンカバルドン:112.0〜132.0%
H191B156輝石ポリゴン2ポリゴン2:50.2〜59.6%

  • グラススライダー(GF補正)
H185B81ドリュウズドリュウズ:65.9〜77.8%
H175B120連撃ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき):93.7〜110.8%
H201B150ヌオーヌオー:131.8〜155.2%

  • 持ち物なしアクロバット(=ダイジェット)
H207B110ゴリランダーゴリランダー:70.5〜83.0%
H167B150エルフーンエルフーン:64.0〜75.4%
H155B95エースバーンエースバーン:54.1〜63.8%

  • 10万馬力
H197B145ウインディウインディ(威嚇込み):32.4〜38.5%
H172B110ドラミドロドラミドロ:72.6〜86.0%
H172B189マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル):43.0〜51.1%

  • ダイアース
H165B110パッチラゴンパッチラゴン:103.6〜122.4%
H177B183ジバコイルジバコイル(B+2):59.3〜70.0%
H181B201ナットレイナットレイ:25.9〜30.9%

  • 叩き落す(威力97)
H163B95ドラパルトドラパルト:90.1〜106.7%
H172B211エアームドエアームド:19.7〜23.2%
H167B160ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド):52.6〜62.2%

ここに記載していないものは恐れ入りますが各自計算をお願いします。



選出と立ち回り
草・飛行・地面の範囲の通りが良い構築に対して選出し、仮想敵に対して受け出す、もしくは死に出しから展開します。相手が疲弊する中〜終盤までなるべく温存し、有利対面から剣の舞を積んで巨DMで一気に崩す、あるいは+2先制グラススライダーで一掃するという立ち回りが基本になります。
一応サイクルに組み込むことも可能ですが、一度引くとグラスシードの効果が切れてしまうので、出来るだけ対面的に動かすことを意識しましょう。
アーマーガアアーマーガアエアームドエアームドリザードンリザードンファイアローファイアローヒートロトムヒートロトム等の浮いている鋼タイプ、炎タイプには手も足も出ないのでこれらがいたら選出しない方が吉です。


相性の良い味方
ゴリランダーゴリランダーが苦手なポケモン全般に強く、相性補完が非常に優秀なポケモン。
相手のゴリランダーゴリランダーを呼び込む点でも相性良しです。

エースバーンエースバーンウインディウインディと対面した際の比較的安定した引き先。
高い耐久にGFの回復効果が加わることで受けがより安定するようになります。
トーチカ、再生力で相手のDMターンを枯らすことにも長けています。

独自の耐性を持ち、ギャラドスギャラドストゲキッストゲキッスドラパルトドラパルトに対して対面から打ち勝てる希少なポケモン。GFとの相性も抜群です。

もはやお馴染みとなった並び。(インテレオンインテレオン<え?)
互いの攻撃範囲の補完がとても優れていて、両者をまとめて相手できるポケモンが非常に限られています。

などなど。
この他ステルスロックを撒けるポケモンワルビアルワルビアルセキタンザンセキタンザンバンギラスバンギラス等とも軒並み相性良しです。色々試していただければ幸いです。



あとがたり
さて、今回はグラスシードゴリランダーゴリランダーとなりましたがいかがだったでしょうか。
少し前にTwitter上で調整を呟いた際に予想以上の反応をいただけたので、今回育成論としてまとめてみた次第です。
型が広く認知され、以前よりも動かしづらくなった感が否めませんが、非常に高いスペックを持った型だと思うので、ぜひ育成してみてください。
本論が何かのお役に立つことを願っております。
最後までご覧いただきありがとうございました!

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/07/31 23:18

ゴリランダーの他の育成論を探す (16件) >>

コメント (29件)

20/07/27 18:03
10わに (@wani24018455)
>8
コメント、評価ありがとうございます!

耐久指標について
論内で示している通り、ASギャラに対して威嚇キョダイコランダで乱1なので、偶発対面からお互いDMを切れば殴り勝つ可能性が生まれます。(威嚇無しならそのまま殴り勝てます。)
また、ダイジェットを耐える=A+1飛び跳ねるを耐えるということであり、剣舞→グラススライダーでDMしていないギャラドスを縛れるので、調整に一定の価値はあるかと思います。
もちろんメインの指標は鉢巻きゴリランダーのウッドハンマー2耐えの方ではありますが、採用率の高いギャラドスに抗える可能性があることは大きいのではないでしょうか。

DM権について
DM権が残るかどうかは立ち回りやバトルの流れ次第なのでこの場で明確なお答えはできません。
仮にDM出来なくてもアクロバットの威力はダイジェットと変わらないので純粋な飛行打点として扱えますし、剣舞→グラススライダーで縛る動きもできるので、無理にこのポケモンにDM権を残す必要はありません。状況に応じて選択してください。
また、S調整についても遅めのウォッシュロトムや最速バンギラス、準速ガマゲロゲの上を取るという意味合いもあるので、たとえダイジェットしなくても無駄調整にはならないと思います。

相性の良いポケモンについて
壁展開も強いですね。
私も壁ステロピクシーから展開するルートを一時期構築に採用していました。
ただ、論内であれもこれもと示しすぎると構築の自由度を狭めることになりかねないので、そのあたりは各自で自由に判断していただければ幸いです。

調整案について
ゴリランダーでエースバーンを相手することに注力しすぎると不意の特殊型や襷型にボコボコにされるので、そこまで意識しない方が良いと思います。
Sを犠牲にそこまで大きくBに割くなら、命の珠火炎ボール耐え以外に何かそれ相応のメリットが私は欲しくなります。

長文失礼しました!
20/07/27 18:11
11わに (@wani24018455)
>9
コメント、評価ありがとうございます!
この型が広まれば広まるほど、この型でミラーを制すことが難しくなるので、実は私もあまり広まってほしくなかったりします(笑)
皆で鉢巻き使いましょう!
20/07/29 11:43
12まっしゅ@
投稿お疲れ様です。
ゴリランダーを使いたくてこちらを見させていただきました。
参考(ほぼまるパクリ)にさせていただきたいと思います!

因みに一つ質問なのですが、
耐久時と攻撃時の仮想敵がそれぞれ努力値にを極振りではなく、各ポケモンが調整された値になってるのは何故なのでしょうか?

私が勉強不足でその値が一般的に多い努力値振りだったりする場合は無知ですみません。
20/07/29 12:54
13海鼠男 (@774namakoman)
55555
こちらの論と調整や技構成はやや異なりますが、僕もグラスシード剣舞ゴリランダーを使ったことがあります。
対面性能が高くてとても頼もしいですし、論内でも触れられている通りゴリランダーミラーでかなり有利を取れるのが良いです。
草の通りの悪さも剣舞GFで誤魔化せるところがありますし。覚える技が優秀で技枠が4つでは足りないです(笑)
強みがわかりやすかったです。
20/07/29 14:31
14太郎
育成論拝見しました。これまでチョッキゴリランダーを使っており、他のやつにも持たせたいのに…ということがしばしば…持ち物被りも無いですし、、、いいねぇ
20/07/29 15:16
15キリンリキ
グラスメイカーグラスラのところA120になってたよ
20/07/29 22:41
16わに (@wani24018455)
>12
コメントありがとうございます!
丸パクリ大歓迎です(笑)
ダメージ計算に表記しているポケモンの数値は努力値ではなく、ステータスの実数値になります。わかりづらく申し訳ありません。

>13
コメント、評価ありがとうございます!
強みがわかりやすいと言っていただけて大変励みになります。
ミラーに強いゴリラ=最強のゴリラなのです。

>14
コメントありがとうございます!
持ち物が競合せずともこれだけの性能を発揮できるゴリランダーやばいですね。
チョッキとはまた違った強さがあるので、ぜひ育成してみてください。

>15
ご指摘ありがとうございます!
何故5減った???
20/07/29 23:40
17まっしゃ@
>16
回答ありがとうございます!

ただ私がアホなだけだったのか・・・
誠に申し訳ありません。
20/07/30 11:31
18デミグラス (@demigurasuwar)
この型のゴリランダーが本当に強くて対策をたてるのにめちゃくちゃ悩んでいます。
特に剣舞積んだゴリランダーを受けれるポケモンを探しています。
思い付いた対策ポケモンとしてはグラスシードかるわざフワライドフワライドフワライド
HB振り技構成クリアスモッグ、ちからをすいとる、おにび、アクロバットで
上からクリアスモッグをまいて無力感するのは対策としてありかなと思ったのですが、
特殊アタッカーに交代されると辛いです。
他には気合いのタスキメタモンメタモンメタモンで能力を丸々コピーして突破するというのも考えたのですが、剣舞を積まなかった場合には突破できるか怪しいです。
やっぱりアーマーガアアーマーガアエアームドエアームドリザードンリザードンファイアローファイアローヒートロトムヒートロトムなどを入れないときついでしょうか。
それとも出される前にダイジェットアタッカーで積む方がよかったりするでしょうか。
20/07/30 21:09
19わに (@wani24018455)
>18
ゴリランダーゴリランダー対策としてはトゲキッストゲキッスウインディウインディハッサムハッサムあたりがわりとメジャーですね。
トゲキッストゲキッスゴリランダーゴリランダーの攻撃範囲をほとんど半減以下で受けられ、ウインディウインディは威嚇と鬼火で機能停止に追い込まれ、ハッサムハッサムは蜻蛉返りで有利サイクルを展開されます。
あと個人的に使われて嫌なのは鉄壁ペンドラーペンドラー、鬼火ドラパルトドラパルトバルジーナバルジーナです。
20/07/31 10:26
20デミグラス (@demigurasuwar)
55555
返信ありがとうございます
最近ハッサムを見かけることが増えたのはゴリランダー対策で入れてるからなんですね
鬼火を上からまくのは対策として有効そうですが、ラムの実持ちも一定数いるので難しい所ですね。
わりと最近環境で見かけるポケモンが対策として上げられいているのでその対策はみんな考えていそうです。
なので対策ポケモンをいかに通すかが重要なんですね。
選出予想、技予想、試合運びを考えて、自分のパーティーに合った対策ポケモンを入れようと思います。
参考になりました回答ありがとうございました。
20/07/31 22:25
21わに (@wani24018455)
物理耐久指数が1%ほど、特殊耐久指数が0.4%ほど伸びたため、確定欄の努力振りをわずかに変更しました。
一通り確認しましたが、ダメージ計算結果に変動はありません。変動が見つかれば随時修正して参ります。
20/08/19 12:40
22名無し (@xZ03zQdvhUmTl0o)
55555
育成論の投稿お疲れ様です。私もこのゴリラを使わせて頂いているのですが、ゴリラゴリラ体面での勝率がとても高く、重宝しております。グラスシードについても、(このアイテムどこで使うんや?)と思っていたのでまさかここで使うとは予想外でした。この育成論はとてもいいと思いました。長文失礼致しました。
20/08/26 23:46
23わに (@wani24018455)
>22
コメント、評価ありがとうございます!
返答が遅くなってしまい申し訳ありません!
残念ながら次シリーズでは使用できませんが、ゴリランダーの採用率が高ければ高いほど相対的に強くなる型だと思います。重宝しているとおっしゃっていただけて、大変嬉しく思います!
20/11/06 04:06
24たわし
育成論興味深く読ませていただきました。
技や努力値調整など、参考にさせて頂きたいと思います。
1つ提案なのですが、現環境では最速アーゴヨンとダイジェットで+1状態で対面した際に僅かにすばやさで劣っています。そこで、防御と特防を削ってすばやさを188まで振ることで、ダイジェット込みでアーゴヨンを抜くことができ、10まんばりきで倒すことができると思います。
アーゴヨンが居ない時代の投稿に書いて申し訳ないのですが、提案させていただきました🙇
20/11/10 17:47
25わに (@wani24018455)
>24
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り冠環境ではアーゴヨン抜きのS188振りが良いと思います。
反面、物理方面が2%ほど落ち、ギャラドスのダイジェットの乱数が動きますが、アーゴヨン抜きの方がメリットは大きいですね。
既存の育成論も環境に合わせて随時追記修正していきますが、取り急ぎコメントでの補足とさせていただきます。
21/01/31 13:55
26ぜうすくん/ZEUSKUN (@zeuskun_jp)
キョダイマックス個体にして使うのですか?
21/03/02 19:12
27ASガブリアス
コメント失礼します。
ポケモンエンジョイ勢なのですが10まんばりきを地震んじゃダメなんですか?命中も安定で威力も高いです。
他の方の投稿してるゴリランダーの型も地面技は10まんばりきしかなかったので気になっていました。返答よろしくお願いします。
21/03/02 20:04
28Siri (@Siri_1101)
>>27
ゴリランダーゴリランダーが地震を採用しないのは、相手がグラスフィールドの効果を受けている場合に地震(と地ならし)の威力が半減されてしまうからです。
馬力ですとグラスフィールド下でも半減されないため、ゴリランダーゴリランダーの場合は実質馬力が地面技の最高火力となります。
21/03/02 20:10
29ガブAS
返答ありがとうございます。
なるほど!これは完全に僕の知識不足でした。教えていただきありがとうございます!
後、この育成論とてもわかりやすいのでぜひ参考にさせていただきます。

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。


トップページ | プライバシーポリシー | PC版
更新日:2021年2月25日(木)

© 2002-2021 Yakkun