ポケモン徹底攻略ロゴ
トップページ::ソードシールド(剣盾)ダイパリメイク::ポケモン育成論ソードシールド::オクタンの育成論::ギミック始動、だっしゅつオクタン
このページはガラケー専用に残しているページであり、内容が不完全です。スマホ・PCからのアクセスは、通常ページをご利用ください。
オクタン- ポケモン育成論ソードシールド
ギミック始動、だっしゅつオクタン

2020/08/26 00:47 / 更新:2020/08/28 11:02

オクタン

HP:HP 75

攻撃:攻撃 105

防御:防御 75

特攻:特攻 105

特防:特防 75

素早:素早 45

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:23704登録:16件評価:5.00(13人)

オクタン  みず  【 ポケモン図鑑 】

性格
のんき(防御↑ 素早↓)
特性
ムラっけ
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:252 / 特防:4
実数値:182-125-139-125-96-45 / 個体値:31-31-31-31-31-0
覚えさせる技
とびはねる / アシッドボム / こごえるかぜ / みずびたし
持ち物
だっしゅつパック
スポンサーリンク

考察
はじめに
記載がなければ全て理想個体とします。
一般的に使われる略語を用います。

おかしな点があればコメントでご指摘ください。

異なるポケモンですがムラっけ×だっしゅつパックで既に育成論が投稿されているので、そちらも参照していただけるとより様々な選択ができると考え、フォークとして投稿いたします。

採用理由
特性『ムラっけ』と、持ち物『だっしゅつパック』を使用して、ギミック始動or後続の積みエースのサポートを行う。

構成
  • とくせい
ムラっけ
毎ターン終了時、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさ、いずれかのランクが2段階上昇し、別のランクが1段階下降する。
オクタン、オニゴーリの隠し特性。まもる、みがわりと持ち物『たべのこし』で居座り、全能力を上昇させて抜きエースとして運用する型が有名。

  • もちもの
だっしゅつパック
ポケモンにもたせると、能力ランクが下がった時に手持ちのポケモンと入れ替わる。
オーバーヒートやリーフストームによる反動での下降や、相手ポケモンの特性『いかく』、ダイマックスわざによる能力下降でも発動してしまう。すてゼリフだと発動しない。なんで?
特性『ムラっけ』のポケモンが持っていた場合は、ターン終了時に特性による能力の下降が発生し、そのタイミングで控えのポケモンと入れ替えとなるので、サポート技を使用してから後続のポケモンを無償降臨させることができる。

  • せいかく
のんき
ぼうぎょ↑すばやさ↓の性格。後手を取りたいのでS0個体。

  • 努力値
H:252/B:252/D:4
HB:ぶっぱ
D:余り
相手の攻撃を耐える必要があるため耐久に振りきる。

  • 技構成
とびはねるorダイビング(確定)
いたずらごころまねっこで使用する。麻痺を狙えるので『とびはねる』を採用しているが、命中100でオクタン自身が使用する可能性もあるのでほぼないタイプ一致の『ダイビング』でも構わない。
アシッドボム(確定)
ダウンロードで使用する。ポリゴンZポリゴンZ以外にもスピンロトムスピンロトムトゲキッストゲキッス等のダイジェットエースに繋げるサポートとしても。
みずびたし(選択)
バタフリーバタフリーのサポート。タイプ一致ボーナスを消して受けるダメージを減らす事もできる。交代されると元のタイプに戻ってしまう。
こごえるかぜ(選択)
『きあいのタスキ』を潰しつつ、後続の積みエースに繋げることが出来る。
でんじは(選択)
こちらも起点作りとして。状態異常なので交代されても効果が残るが『ラムのみ』、じめん、でんきタイプには注意。
きあいだめ(選択)
『ピントレンズ』を持ったミミッキュミミッキュで『まねっこ』する事で確定急所が実現する。
まもる(選択)
ダメージを受けずにだっしゅつした場合、ムラっけの試行回数を稼ぐため。優先度は低い。

各種ギミック紹介
レパルダスレパルダスとびはねるorダイビング×いたずらごころまねっこリオルリオル

レパルダスレパルダス@こうこうのしっぽ
いたずらごころ
いじっぱり HA252 余りD
まねっこ/あくび/みがわり/トリック

1ターン目に『とびはねる』or『ダイビング』を使い、ターン終了時に『ムラっけ』で能力が下降、『だっしゅつパック』によりオクタンが手持ちに帰る。
※必ずオクタンが後手をとる必要がある。最遅で実数値45、対面でそれより遅いポケモンにはギミックが成立しないので他の技を使用する事。

特性『いたずらごころ』で先制して『まねっこ』を使用できるレパルダスレパルダスレパルダス、リオルリオルリオルを登場させ、『まねっこ』で最後に使用された技である『とびはねる』or『ダイビング』を使う。この際に相手が先制できる技がない場合、相手の攻撃はあたらない。
※ただしとびはねるはかみなり、ぼうふう等が、ダイビングはなみのり、うずしおがあたってしまう。

レパルダスレパルダスレパルダス、リオルリオルリオルに『こうこうのしっぽ』を持たせている事で、相手が行動した後、後攻で攻撃する。これにより最後に使用された技が再度『とびはねる』or『ダイビング』となり、再び先制『まねっこ』を使用して、これを相手がきぜつするまで繰り返す。

相手に先制技(まもる、かげうち等)で割り込まれるか、後攻技(トリックルーム、カウンター等)で後に行動されると、最後に使用された技が変わってしまい成立しなくなる。なにより誰でも使えるダイウォールが一番の弱点。
ダイウォールで切り返された場合は、ダイマックスを使わせたと割り切って『みがわり』『あくび』で妨害や、『トリック』で『こうこうのしっぽ』をおしつけて退場しよう。

参考育成論
ヤシの木様のいたずらごころリオルリオルリオル育成論
育成論ソードシールド/592
ポリゴンZポリゴンZアシッドボム×ダウンロードポリゴン族ポリゴン2ポリゴン2

ポリゴンZポリゴンZ@いのちのたま
ダウンロード
ひかえめ HC252 余りD
はかいこうせん/かみなり/ふぶき/あくのはどう

『アシッドボム』により相手のとくぼうを2段階下降し、特性『ダウンロード』のとくこう上昇を発動させる。『てきおうりょく』と比べて一致技、不一致技のダメージが高くなり、より突破力が増す。
2段階下降による補正は50%なので、ラッキーラッキーハピナスハピナスのような極端な種族値でもない限りほぼとくこうの上昇が見込めると思うが、あくまでも相手依存な点には注意。
バタフリーバタフリーみずびたしorこごえるかぜ×無限型バタフリーバタフリーバタフリー

バタフリーバタフリー@たべのこし
ふくがん
おくびょう H:204 B:54 S:252
ねむりごな/みがわり/ちょうのまい/ぼうふう

バタフリーバタフリーバタフリーの『ねむりごな』の効かないナットレイナットレイナットレイ等の遅いくさタイプを『みずびたし』でみずタイプに変えて起点にし、『ちょうのまい』を何度も積んで、相手を詰ませる。
相手の手持ちにくさタイプが1体しかいなければ、交代されてもその先に『ねむりごな』をあてて起点にする事ができるが、特性『そうしょく』『マジックミラー』、持ち物の『ラムのみ』等には注意。
相手のポケモンがバタフリーバタフリーバタフリーより速ければ『こごえるかぜ』ですばやさを下げ、上から『ねむりごな』で起点とする事も可能なので臨機応変に。

参考育成論
ガラルヤドン様のふくがんバタフリーバタフリーバタフリー育成論
育成論ソードシールド/266
オニゴーリオニゴーリムラっけオニゴーリとの比較
耐性
オクタンオクタンのみずタイプはオニゴーリオニゴーリのこおりタイプと比べると半減が3つ多く、弱点が2つ少ないので耐性としてはオクタンの方が優秀。耐久もほぼ誤差程度で、不一致のばつぐん技程度であればオクタンオクタンもなんとか耐えられる。
すばやさ
オクタンオクタンのすばやさはオニゴーリオニゴーリに比べて45と低く、この構成だと最遅を採用しているのでほぼ必ず相手の行動を許してしまう。オニゴーリは80族で大体の耐久ポケモンの上から行動でき、ある程度のサポートは保障される。
おぼえる技
オニゴーリオニゴーリはこごえるかぜ、こわいかおですばやさサポート、うそなきでとくぼうダウン、まきびしによる後続のタスキ潰し、ちょうはつで耐久ポケモンを起点にする。こおりのつぶて、ぜったいれいどによりだっしゅつパックを消費した後でも役割を持てる等があり、反対にとびはねる、ダイビングなどの潜伏技、でんじは、アシッドボム、みずびたしは覚えない。
キュート
オクタンオクタンの方がかわいい。
立ち回り、注意点
先発に出して、各種ギミック要員と同時選出する。見せ合いの段階で先制技持ちが何体いるか、トリックルーム構成か、特性『いかく』持ちの有無などで繰り出す組み合わせを変える。
先制技がなく、ダイウォールでの切り替えしを知らなかったり、上からねむりごな、みがわりは対策できなければそのまま勝ちにつながるので狙えるなら積極的にいこう。

注意点として特性『いかく』や、行動前にダイマックスわざによる能力低下によりだっしゅつパックが起動すると、先発を見てから後出しでポケモンを出すことはできるが、持ち物のない鈍足なタコが残ってしまい、ダメージを受けているとクッションにするくらいしかできない。
ダイマックスわざに対してはレパルダスレパルダスでターンを枯らす対応もできるだろうが、ほぼ2体をサポートとして消費するので、ラスト1体の負担が大きすぎて勝つのが厳しくなってしまう。ポリゴン2ポリゴン2でトリックルームを展開できると再登場できるかもしれない。

ダメージ計算
ポケモンソルジャー様のSoldier Calcを参照しています。
与ダメージはサポートがメインなため省略します。
追加してほしいポケモン、わざがあればコメントでお願いします。
  • 被ダメージ
エースバーンエースバーン
無補正A:252珠とびひざげり(リベロ) 64.2~75.8%(確定2発)

ゴリランダーゴリランダー
↑補正A:252ハチマキグラススライダー(GF時) 118.6~139.5%(確定1発)
↑補正A:252ハチマキはたきおとす(もちものあり) 42.3~50%(乱数2発 0.4%)
はたきおとされると台無しですがそもそもグラススライダーで倒される。

ドラパルトドラパルト
無補正A:252珠ドラゴンアロー 51.6~61.5%(確定2発)
無補正A:252珠ダイドラグーン(ドラゴンアロー) 64.8~76.9%(確定2発)
無補正C:252珠りゅうせいぐん 83.5~98.3%(確定2発)
無補正C:252珠10まんボルト 76.9~91.2%(確定2発)
無補正C:252珠ダイサンダー(10まんボルト) 111.5~131.3%(確定1発)
ダイドラグーン、ダイホロウされると台無しです。

ミミッキュミミッキュ
無補正A:252珠ダイホロウ(ゴーストダイブ) 54.3~64.2%(確定2発)
無補正A:252珠じゃれつく 37.3~45%(確定3発)

ポリゴン2ポリゴン2
↑補正C:252ランク1上昇トライアタック 66.4~79.1%(確定2発)
↑補正C:252ランク1上昇ほうでん 89~105.4%(乱数1発 37.5%)

ドリュウズドリュウズ
無補正A:252じしん 41.7~50%(乱数2発 0.4%)

トゲキッストゲキッス
無補正C:252エアスラッシュ 41.7~50%(乱数2発 0.4%)
無補正C:252ダイジェット(エアスラッシュ) 72.5~85.7%(確定2発)
無補正C:252マジカルシャイン 45~53.2%(乱数2発 32.4%)

カバルドンカバルドン
無補正A:0じしん 36.8~43.4%(確定3発)

ギャラドスギャラドス
無補正A:252パワーウィップ 63.7~75.8%(確定2発)
無補正A:252ダイソウゲン(パワーウィップ) 74.7~87.9%(確定2発)
無補正A:252ダイジェット(とびはねる) 51~60.9%(確定2発)

ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(れんげきのかた)
無補正A:252インファイト 49.4~58.2%(乱数2発 98%)
無補正A:252かみなりパンチ 41.7~49.4%(確定3発)
無補正A:252ダイサンダー(かみなりパンチ) 70.3~83.5%(確定2発)

ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)(いちげきのかた)
無補正A:252あんこくきょうだ 50~59.3%(確定2発)

パッチラゴンパッチラゴン
↑補正A:252でんげきくちばし(先制)(はりきり) 189~224.1%(確定1発)

ジバコイルジバコイル
↑補正C:25210まんボルト 116.4~138.4%(確定1発)

おわりに
ご覧いただきありがとうございました。
ご意見やご指摘があればコメント欄でお願いいたします。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/08/28 11:02

オクタンの他の育成論を探す (2件) >>

コメント (10件)

  • ページ:
  • 1
20/08/26 19:01
1Shibaiken (@Shibanbana)
55555
オクタンの新しい使い方でとてもいいと思いました。
オクタンはとても好きなポケモンなので今度使ってみます。
20/08/26 19:39
2アンチモン (@antialiasingmen)
>1
コメント、評価ありがとうございます。
オクタンかわいいですよね、使ってて好きになりました。
20/08/26 21:32
3飛び出さないなかみ (@gaRai81822251)
55555
ムラっけは基本積みエースに使うイメージが強かったので、この型は目からウロコでした。この型ならかわいいオクタンオクタンも満足に活躍できそうですね…!
20/08/26 23:06
5安倍晋三
これに似たような型をもこうさんが取り扱ってた気がします

害悪キター
20/08/26 23:39
6アンチモン (@antialiasingmen)
>3
コメント、評価ありがとうございます。
いかくやねばねばネットを踏んで、なにもせずに颯爽と手持ちに帰るオクタンに今日も悶絶します。泣かない!
20/08/26 23:45
7アンチモン (@antialiasingmen)
>5
コメントありがとうございます。
もこう氏の動画では確認できませんでしたが、『ムラっけ』『だっしゅつパック』の組み合わせで動画を投稿されている方も居ますし、記事を書かれている方も居ます。
面白い戦法ですよね。
20/08/27 12:52
8わいけー
(オクタン可愛いけどこの型だとキモって思われそう…)こういう、害悪系育成論好きです!!
絶対にこのオクタンで友達いじめ倒しますww
20/08/27 13:43
9アンチモン (@antialiasingmen)
>8
コメントありがとうございます。
いわゆる『ハメ』にあたるギミックなので、対処を教えてあげないと友達なくすのでご注意ください。
20/09/04 03:18
10ぽわぐちょ
レパルダスの例を見てつい「おおっ!!」と言ってしまった
よくこんな策を考えるもんですねw
防御技か先制技がなければ無限ハメできるって凄まじい・・・・ハメ状態が切られても他のポケモンでなんとか・・・

しかしあのネコはほんと有能ですねw
20/09/04 08:36
11アンチモン (@antialiasingmen)
>10
コメントありがとうございます。
ねこちゃんは旧世代でもねこのて→そらをとぶ、ふきとばし、きのこのほうし...よくいたずらをするポケモンですね。
枠を2体使うので、対策されると残りの負担が大きいですが、決まると悪い顔になります。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。


トップページ | プライバシーポリシー | PC版
更新日:2021年12月1日(水)

© 2002-2021 Yakkun