ポケモン徹底攻略ロゴ
トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::パッチール
パッチール - ポケモン育成論サンムーン
ぱんだロイヤル

2017/12/11 00:58:44

パッチール

HP:HP 60

攻撃:攻撃 60

防御:防御 60

特攻:特攻 60

特防:特防 60

素早:素早 60

ツイートブックマーク5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:5684登録:2件評価:5.00(8人)

パッチール  ノーマル  【 ポケモン図鑑 】

性格
ようき(素早↑ 特攻↓)
特性
あまのじゃく
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 特防:4 / 素早:252
実数値:167-80-80-72-81-123
覚えさせる技
ねこのて / スポットライト / フラフラダンス / バトンタッチ
持ち物
マゴのみ
スポンサーリンク


このポケモンの役割
指定しない
ルール
バトルロイヤル
登録タグ
考察
はじめに
ぼくらの夢は決して眠らないので初投稿です。

  • 指定のない限りすべてのポケモンは理想個体を想定します
  • HP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さをH、A、B、C、D、Sの略称で表記します

今回もバトルロイヤルの育成論になります。
意地でも布教活動に徹底します。
今回は「マイナーではあるがバトルロイヤルにおいて独特の戦法を見せることができるポケモン」を考えた際に、某所で見かけたパッチールが思い当たったので考察していきたいと思います。

パッチールについて
3世代出身のぶちパンダポケモン。特徴である斑模様はなんと約42億も種類があるとか。すげー。ホウエンを旅した人からは灰被りの草むらからよく出てくる印象が強いのではないでしょうか。
ノーマルタイプですが種族値がオール60とどれも低水準で目立った強みもないため、いわゆるマイナーポケモンの中でもかなり地味です。専ら特攻の努力値稼ぎや××××に利用されるだけのパンダでした。
しかしそんなパッチールにも僅かな光が差します。5世代にて強力な隠れ特性あまのじゃくが配られ、さらに(PDW限定技であるものの)ばかぢからを手に入れたことにより、殴りながら筋トレするパンダとして少しだけ注目を浴びるようになりました。
…と思ったら6世代で変なイカカラマネロが、さらに7世代USUMでは変なカマキリもどきラランテスもあまのじゃく+ばかぢからができるということでお株をすっかり奪われてしまいました。ついでにパンダポケモンとしての印象もヤンチャム・ゴロンダに取って代わられるなど踏んだり蹴ったりです。

強み
ここまでボロクソに書きましたが、パッチールにしかできない芸当が実は2つあります。
1つは「あまのじゃく+スキルスワップ」ができること。相手の積み技を実質的に封じたり、ダブルでは味方にあまのじゃくを渡してコンボを狙う(相方の特性がいかくだとなお良いとか)なんてことができます。
もう1つは「あまのじゃく+ねこのて」ができること。習得個体の用意すら難しいばかぢからだけには頼らず、ねこのてで使用後ランクダウンのデメリットが発生する大技を味方から引っ張ってきてパッチールをスーパー筋トレパンダにするといったことが可能です。

このうち後者の「相手を攻撃しながら自己強化できる」点が大きなポイントとなります。バトルロイヤルでは攻撃能力と生存能力が重要となるので、両者を兼ね備えたあまのじゃく式トレーニングは非常に強力な戦術と言えるでしょう。その中でもパッチールはねこのてにより(パーティはものすごく縛られますが)あまのじゃくとのコンボになり得る技を選択することができ、ある程度のカスタマイズ性があると言えます。

またバトルロイヤルでは、その場その場の状況によりますが、自分が攻撃を受けないターンが多かれ少なかれ生まれます。パッチール自身は狙われにくいポケモンとは言えませんが、単ノーマルタイプ故の弱点の少なさが幸いして相手が「弱点つけるからこいつを攻撃してやろう!」となることは少ないはずです。その隙を突いてあまのじゃくコンボを決めてやろうという魂胆です。実際シングルやダブルより決めやすいんじゃないですかね(データ不足)

また、7世代になってパッチールが新たに習得した技が1つあります。それがスポットライトです。
スポットライトの強みについては前回の育成論でも紹介しましたがアオリア様のスターミー(育成論サンムーン/138)に詳しく書いてあってわかりやすいのでそちらを参照してみてください。自分で書くのサボってるわけじゃないですよ!
この技は能力値が低く高速アタッカーなどからねらいのまとにされやすいパッチールにとってかなりありがたいものです。他にも使えそうな技がありますが、詳しくは技構成の項目で後述します。

長くなりましたがつまり
  • 下準備こそ要るが相手を攻撃しながら生存能力を高めることが可能
  • スポットライトを始めとしてバトルロイヤルで有用な技をいくつか覚える
  • 溢れ出るロマン
これらの点からパッチールはバトルロイヤルならでは活躍が見込めるポケモンだと考えました。

ねこのてについて
ねこのて PP25 ノーマル 変化技
自分以外の『てもち』のポケモンの技のうち1つをランダムで使う。PPが減少するのはこの技のみ。
説明のとおり、かなりトリッキーな技。そのまま使うとギャンブル性が高いですが選ばれる技と選ばれない技があるため、パーティ全体(少なくとも2体)を弄る必要があるものの特定の技だけ狙って出すことも可能。 5世代後期では隠れ特性いたずらごころが解禁されたレパルダスにより悪用されまくったことでも一部有名。パッチールがこれを覚えられるのはパンダ(漢字で書くと「熊猫」)だからでしょうか。
この技を用いて、あまのじゃくコンボを狙える技をパッチールに使わせます。なお、ねこのてで選ばれない技については以下のとおり。
  • 技をコピーする技
ねこのて まねっこ オウムがえし ものまね スケッチ さきどり
  • ランダム性の強い技
ねこのて ねごと ゆびをふる
  • まもる系統
まもる みきり こらえる キングシールド ニードルガード たたみがえし
  • 道具に関わる技
トリック すりかえ ほしがる どろぼう  ギフトパス ゲップ
  • 倍返し系統
カウンター ミラーコート
  • 強制交代技
ほえる ふきとばし ドラゴンテール ともえなげ 
  • 1ターン目に姿を隠し、2ターン目に攻撃する技
そらをとぶ ダイビング あなをほる ゴーストダイブ シャドーダイブ フリーフォール とびはねる
  • その他
きあいパンチ てだすけ よこどり このゆびとまれ いかりのこな みちづれ へんしん おいわい おしゃべり フェイント しぜんのちから わるあがき

ねこのて候補技
  • 物理
Vジェネレート
威力180+使えば使うほどB・D・Sが上がるわけのわからない性能になります。
特性もらいび以外に無効化されないほのおタイプなのも優秀。
基本的にこれを用意したいところですが、覚えたポケモンの調達がまず大変。

ガリョウテンセイ
Vジェネレートほどではありませんが、威力120+使う度にB・Dが上がると十分おかしい性能になります。
一貫性の高いひこうタイプである点も中々。

インファイト
ガリョウテンセイと比べて、今ではかくとうわざの通りがあまり良くないので少し見劣りするかもしれませんが、割と多くのポケモンが覚えられるという点がナイス。

ばかぢから
自力で使える個体が絶滅危惧種なので候補に。Aが上がることで無双しやすくなりますが、Dが上がらないのがやや痛い。

※いじげんラッシュはときはなたれしフーパ以外が使用すると失敗するので除外

  • 特殊
スケイルノイズ
上がるのはBだけですが、音技全体攻撃である点が光ります。しかし、所詮不一致な上にバトルロイヤルでは全体攻撃の威力が半減されるので火力はかなりしょっぱいです。

フルールカノン・サイコブースト・オーバーヒート・リーフストーム・りゅうせいぐん
よりどりみどりだスな。
使うとCが一気に2段階上がりますが、耐久面が上がらないのがきつい。

以上の候補から見て物理技の方が粒揃いであり、とにかく飛んで来るいかくを餌にできるということから物理型を推奨します。

一緒に用意すると良いポケモン
で、これらの技+ねこのてで引かれない技を覚えたポケモンを用意する必要があるのですが、何せそんな技構成のままソロでも活躍できるポケモンなんてだいぶ限られてきますので一部紹介しておきます。

一般級
  • ドーブル
ねこのてパ御用達の画伯。技構成はなんでもありですが、ねこのてで出ない技にトーチカやへんしん、みちづれを入れておくと単体でも腐りにくくなります。

  • メタモン
ねこのてパ御用達の(ry
特性かわりもので目の前(対角線のコーナー)にいる相手に変身します。メガシンカや能力アップしまくった相手をコピーできるとおいしい。

  • フライゴン
あなをほる中でも特性ふゆうでじしんが効かず、そらをとぶ中でもかみなりが効かない、しかもフェイントも覚えるという風に地味ながら優等生。

  • ランドロス
あなをほる・そらをとぶが一致で使え、フライゴンと同じくじしんもかみなりも効かない。そしてばかぢからを覚えるといった具合に準伝説の貫禄を見せてくれます。れいじゅうフォルムのいかくも強力。

  • ジャラランガ
スケイルノイズ、インファイト、ばかぢから、りゅうせいぐんを覚える上に専用Zワザであるブレイジングソウルビートも強力。
弱いワケがないのだ!

  • カプ・コケコ
電気技をエレキフィールド下しぜんのちからで賄うことが可能でオウムがえしも使えます。速さは正義。

  • (メガ)ラグラージ
タフネスに秀でる上にダイビングとあなをほるがタイプ一致で使えます。なみのりとじしんには要注意。

  • (メガ)ルカリオ
メガシンカならインファイトするだけでもそれなりに強いです。加えてさきどり、まねっこが使えますが、少し運用がトリッキーになりがち。

  • メガジュペッタ
高いパワーからゴーストダイブを放てる上に優先度+1のゆびをふるみちづれのおかげで非常に腐りにくいのがウリ。私の書いたバトルロイヤル用の育成論(育成論サンムーン/1112)がありますのでよかったらそちらを参考にしてくだい。自分を売る

禁止級
  • (メガ)レックウザ
ガリョウテンセイ撃ってるだけでも強いきゅうり。BDダウンが気になる方向けにそらをとぶもあり。2012年のポケモン総選挙イベントで配布されたVジェネレート習得個体であればまさに至れり尽くせり。

  • ミュウ
覚えられる技がとにかく多いのでドーブルに次いでカスタマイズ性があります。へんしんやゆびをふるを覚えるのはねこのてパにとってはありがたい。

ここまでやたらタメ技を持ち上げたことから「タメ技とかうんこじゃんw」とお思いになる方もいるでしょう。私もかつてはそうでした。しかしバトルロイヤルにおいて「姿を隠すタイプのタメ技」は「攻撃対象が相手からはわからない」「(一部例外を除き)攻撃の回避と同時に相手同士の潰し合いが見込める」ので中々優秀な技に化けます。

特性
コンセプト上あまのじゃくで確定とします。
マイペースやちどりあしはあばれるとのシナジーがありますが、基本的にあまのじゃくが便利すぎます。

性格・努力値
ようき(推奨)orおくびょう・H252 S252 D4

H:ぶっぱ(8n-1)
D:端数
S:最速
できるだけ先手でトレーニングしたいので最速調整。準速70族をギリギリ抜け、VジェネレートやねばねばネットなどでSが1段階あがると最速115族まで抜けます。
できるだけ総合耐久も上げたいのでHにもガン振り。

持ち物
  • マゴのみ
しぶとさ生存能力を上げるために持たせます。
あまのじゃく式トレーニングによるBD上昇やスポットライトによる攻撃誘導によりHPがギリギリまで残りやすいので発動条件を満たしやすく、回復量も大きいということでうん、おいしい!
食べると混乱するものでなければ、フィラ・イア・ウイ・バンジのいずれかでもOKです。

  • オボンのみ
回復量は上のきのみらの半分ですが、発動は早いので一長一短。

  • たべのこし
毎ターン徐々に回復できるのは強力ですが、1ターンに2回叩かれることがあると力不足に陥るのであまりオススメはしません。

技構成
  • 確定技
ねこのて
今回の型のコンセプトを担う技なので確定。
使用モーションがかわいい。

  • 準確定技
スポットライト
「自分を標的から外すことによる防御」「特定の相手の攻撃のムダ打ち」「攻撃の集中による狙った相手のリタイア」などに使える便利な技。(もろ引用)
あまり使いすぎるとヘイトを溜めるので多用は控えるようにした方がいいかも。
7世代からのタマゴ技なので5世代限定のばかぢから習得個体だと使用できません。無念。

  • 選択攻撃技
ばかぢから
習得個体の入手こそ今ではかなーり大変ですが、ねこのてに頼らず筋トレできます。

ふいうち
唯一の先制技。撃破点をかすめ取れますが素のパワーがないので、狙うなら本当に瀕死になりかけのポケモンに。

  • 選択変化技
フラフラダンス
自分以外の全員をこんらんさせます。
7世代で混乱の状態異常こそ自傷率50%→30%に弱体化しましたが、バトルロイヤルにおいては強烈に場を荒らせる技であることに変わりはありません。運こそ絡むものの、自傷した隙にあまのじゃく式トレーニングを済ませられたり、自傷で倒れればこちらの撃破点となるのでオススメ。

まもる
ルール問わず便利な技。
バトルロイヤルではその場しのぎが割と大きなものになります。

バトンタッチ
筋トレの成果を味方に繋げられます。
ただ、ねこのて構築の都合上味方の技は癖のあるものばかりなのが不安材料。
能力値の低いパッチールでがんばるか、技はアレだけど能力値の高い味方でがんばるかはその時その場を見て判断してください。

運用法
基本的に場の状況を吟味し、隙を見てねこのてを使う→殴り込みをかけながら能力を上げていくというスタイルを取ります。ねこのてで選ばれた技の攻撃対象はランダムなのでどちらかというと能力上昇がメインとなりますが、パッチールに引かせる技は大技ばかりなので相手へのとどめがさせる可能性はそれなりにあります。
幸い、フラフラダンスにスポットライトと場を荒らせる技を持っているのである程度自分から隙を作り出すこともできます。
能力を十分に上げたら、そのままパッチールで殴り込みをかけるか、バトンタッチで味方に暴れさせるかしてやってください。
高速高火力のアタッカーからはこちらの耐久が高くないのを良いことに狙われやすいので、そんなやつらが場にいたらスポットライトやまもる等で防御した方がいいです。(体感)

おわりに
ここまでご覧いただきありがとうございました。
ロマン戦法であることは脱し切れていませんが、パッチールが唯一輝ける場所こそバトルロイヤルだと私は勝手に思っています。
この論を読んでいただいた誰かが「バトルロイヤルでマイナーポケモンを活躍させてみよう」という考えを持つに至ってくれれば幸いです。

最終更新日時 : 2017/12/11 00:58:44

コメント (11件)

  • ページ:
  • 1
17/12/07 23:37
1ナゾノハナ
読んでてワクワクするとても素晴らしい育成論でした。
バトルロイヤルはやったことないですが、機会がありましたらやってみたいです。
17/12/08 00:37
210円 (@fluffy_waff)
>1
コメントありがとうございます!
バトルロイヤルではリンチに合うこともたまにありますが、そのリスクと引き換えにロマン戦法もいくらか決めやすく楽しいのでぜひ遊んでみてください。
17/12/08 00:39
3メノクラゲ♀lv.19
・ばかぢからを覚えられるならねこのてしないでばかぢからを使うほうが確実だと思うのですが、ねこのてするメリットってなんですか
・パッチールにどうやってばかぢから覚えさせるんですか。調べたけど分かりませんでした。
・選択変化技にスキルスワップを追加するべきでは。
・パッチールについて に書いてある××××とは何のことなのかなめちゃくちゃ興味があるので教えてください。
・バトルロイヤルの育成論おもしろい。
17/12/08 00:49
4メノクラゲ♀lv.19
PDWって書いてありました。すみません
17/12/08 00:52
510円 (@fluffy_waff)
>2
コメントありがとうございます!
一部自己解決したみたいですがそれぞれお答えしますね。
・パッチールのばかぢからは5世代におけるポケモンドリームワールドで入手した個体が覚えていることがあるものです。当時の物好きな人でもないともうそんな個体使えないだろうということでねこのての候補技とさせていただきました。
・なので残念ながらパッチールにばかぢからを覚えさせる方法は現状ありません。悲しい。
・スキルスワップですが、あまのじゃくを手放してしまうと今回のコンセプトが崩れるので候補技にしませんでした。何か違うロマンは生まれそうですが。
・××××に関しては多分ここで書くと荒れる例のワードですのでお察しください(切実)
・それを聞きたかった(BJ並感)
17/12/08 07:15
6hilga (@hilga06681250)
55555
凄い育成論ですね、大作って感じです。上の方も言っている通り、読んでいてワクワクするのが素晴らしいと思います。プレイしていて楽しそうなポケモン。
17/12/08 09:21
710円 (@fluffy_waff)
>6
コメントありがとうございます!
フリーバトル限定であり状況・環境ともにカオスになりがちなルールですので、ただ勝利を狙うだけでなくその過程で楽しさがあることも大事なのではと思い、この論を投稿しました。
そんな私はバトルロイヤルガチ勢です
17/12/08 17:59
8とある人 (@toaruhitodayo)
55555
パッチールが好きなので馬鹿力パッチールは持っているのですが、スポットライト等のタマゴ技と両立できないが悲しいですね、、
パッチールの可能性を感じるいい育成論だと思います!
17/12/08 20:16
910円 (@fluffy_waff)
>8
コメントありがとうございます!
ばかぢからパッチール持っていらっしゃるとは…すごいパッチール愛を感じます!
ばかぢからとスポットライトが両立不可能なこと素で忘れてました追記しておきます。
17/12/11 12:18
10waka
どう育成しようか迷っていたのでこれを参こ...パクらせていただきます。(後特性あまのじゃくで育成してないのこいつだけなので)
バトルロイヤル久々にやってみたくなりました!
いい育成論だと思います。
17/12/11 13:24
1110円 (@fluffy_waff)
>10
コメントありがとうございます!
他のあまのじゃくと比べると低い種族値が足を引っ張るパッチールですが、バトルロイヤルで台風の目となってあばれる姿は痛快なものがあるのでぜひ使ってやってください。興味いただけたようで幸いです。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。


トップページ | PC版
更新日:2017年12月2日(土)

© 2002-2017 Yakkun